So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

京都大学病院「がん薬物治療科」松本 繁巳准教授の講演テーマ決定  [会の日程]

第19回 患者会 4周年記念イベント

2016年10月15日 土曜日 

10時から患者会、13時半から講演会

場所 京都府中小企業会館 704会議室

京都大学付属病院「がん薬物治療科」松本 繁巳准教授と
「放射線科」中本 裕士准教授による講演会

松本先生の演題は「神経内分泌腫瘍の最新治療」です。

2015年にも、講演にお越しくださっています。
そのときは、がんはゲノムの病気である「遺伝子医療革命」2011 フランシスSコリンズ NHK出版2100円をお勧めくださいました。
その時の先生のお話では、NETは膵がんの治療は効かない。NETの戦略がある。そこをターゲットにした治療をすれば画期的に効く。NETはシンプルな遺伝子異常でおこっている。遺伝子解析すれば有効な治療ができる。とおっしゃっていました。

京都大学病院では、2015年4月より、遺伝子検査を実施されています。
遺伝子検査とは、どういう検査なのか、治療にどのように効果をもたらすのか、先生からのお話が楽しみですね。


中本先生の演題は「神経内分泌腫瘍に対する画像診断」です。
神経内分泌腫瘍に対する画像診断には、オクトレオスキャンというのがあり、
日本では今年から保険で受けられるようになりました。
しかし画像解像度の高いのは、Ga-68DOTATOCというスキャンのほうがです。

中本先生は、5年前からこのGa-68DOTATOCの臨床研究に取り組んでこられました。
みなさんの中にも、この臨床研究を受けられた方も多くおられると思います。
今回、その研究内容をお伺いできるのは、非常に楽しみなことですね。

なお、会場の定員の関係で、45名のお席しか確保できませんでした。
参加ご希望の方は、お申込みくださいね。現在17名のお申込みがあります。


みなさん、広報アドレス、もしくはお世話役まで、お申込みくださいね。

今回の先生のレジュメがどのくらいなのか、まだわかりませんが、資料代のみ
ご負担をお願いします。

会場費等につきましては、正力厚生会の助成金をつかわせていただきます。
よろしくお願いします。


お申し込みは、こちら↓

shimaumacircle@yahoo.co.jp
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。